志望動機 志望理由 例文 サンプル

管理人は、医療系の業界の経験はないのだが、院長とか理事長とかエライ人とは酒席をともにすることがある。仕事の関係ではないので、エラソウにしやがってとか、ウザイ先生とは感じない。ビジネスとは関係のない知人である。

 

さて、そんなオジサンの感覚で志望動機 志望理由の例文を考えてみよう。
基本的に、どこも人手不足だから、よほど変な志望動機 志望理由を書かない限り、志望動機 志望理由が採用の妨げになることはない。売り手市場であることを逆手にとって、あまり高飛車でなければ大丈夫だろう。
「他の病院に比べて給料が良かったので」
まあ、正直なんだろうけども、このアケスケさは患者さんに何かを漏らしそうな不安を感じる。
「勤務地が近く、深夜勤務の際の帰宅の不安が少ないので」
「勤務シフトについて応相談とありましたので応募させていただきました。」
採用側は人手不足を何とかしたいのだ。マジメで責任感を持っていそうだと感じられれば、まず大丈夫だろう。
おそらく一番見る、重視するのは、志望動機 志望理由ではなく、持っている資格とか経験年数、あるいは転職であれば、どれくらいの期間務め、どれくらい変わったかとかだ。


----------------------------------------------

サブメニュー